講師と教員の副業と転職

MENU

塾講師から他業界へ転職する人が多い理由とは

塾講師,教師,予備校,副業,転職

塾講師からの他業種への転職を考えている方も多いかと思います。これにはいくつか理由があります。純粋に講師という職業に限って言えば、その定年は他の職種とくらべてかなり早いです。

 

平均年齢が20代後半ですので、いかに息の短い職業かがわかります。やはり体力勝負のしごとなのです。

 

 

では、講師として働いている方の内、30代などを目前に控えた人はどのような人生プランを持っているのでしょう

 

一つは、講師としての実績が非常に高い場合には、そのまま塾に残って講師を続けるか、あるいはフリーの講師になり、予備校などで授業をすることになります。

 

特にこの形は、大学受験の世界で多いです。人気講師ともなれば、予備校から引っ張りだこです。年収も1000万を超えてきます。もう少し現実的なキャリアとしては、塾の中で講師ではなく管理職に転身する方法があります。

 

主任や塾長、ブロック長、あるいは広報や教材作成に回る方もいます。

 

転職となると、やはり経験を活かせる仕事がおすすめです。

 

限られてはいますが、教育業界は継続的に仕事があり、新規参入の企業も多いです。例えば教材作成の会社への転職、授業の経験を活かした営業職、学習塾を開いて独立、家庭教師への転身などがあります。

 

講師からの転職は難しいというのが一般論ですが、世の中には未経験で年齢が高くとも転職先はたくさんあります。

 

塾講師は伝える力、コミュニケーション能力、度胸など、人間としての馬力が身につく職業です。忙しくとも実績重視の営業職、あるいは小売店でのエリアマネージャーを目指すなど、選択肢は多いです。


塾講師からの転職で多いパターンとは?

塾講師,教師,予備校,副業,転職

塾講師の転職についての注意点は、講師職の特徴を把握するのが大切です。学習塾を就職先とした場合には、30代からのキャリアを考えるべきです。

 

講師は平均年齢が低く、30代からは管理職へ移行していく人が多いです。その他の人は、転職を考えています。この場合、できることなら講師としての経験を次職で生かしたいです。

 

当然業界としては、教育関係がいいでしょう。例えば、講師でも資格関連の講師へ職を移すことができます。

 

この場合、例えば宅建など、ポピュラーな資格取得を実際に試してみることです。

 

塾での勤務をしている時から勉強していき、うまい具合に資格予備校へ移ることが可能性としてあります。また、家庭教師などへの転身もあります。

 

塾の講師と違って、こちらは平均年齢が高く、定年もありません。自力での転職よりは、エージェントサービスなどを利用して、最低でも年収を維持しつつ職を変更するのがいいでしょう。もちろん、教育業界以外への転身も可能です。

 

実例を見てみると、経験を活かすという意味では公務員なども候補としてあります。普段勉強を教える立場にあれば、筆記試験にも役立つでしょう。

 

公務員になってからの業務は、特に専門性の高いものではないので、無理なく移行できます。また、高齢での未経験歓迎職種としては飲食店や小売店の店長職、マネージャー職があります。

 

業務内容はきつめですが、キャリアアップもでき、給料や待遇面も優れています。いずれにしても、講師時代からしっかり準備をすることと、遅くとも30代のうちに活動を開始することが大切でしょう。



無料で100回分ネットビジネス講義をしています!