他業界から塾へ転職する

MENU

他業界から塾講師に転職する際に注意すべき点は?

塾講師,教師,予備校,副業,転職

塾講師という職業に、他業界から転職する人がいます。この場合、どのようなことに注意すべきでしょうか。その前に、講師になる理由が気になります。

 

具体例をあげれば、学校での教師をしていて、授業という面により特化した職業を選んだという方がいます。

 

塾では成績を上げることが最大の目的で、それが待遇面にも影響するシビアな世界です。それを求めて職を移す方がいます。

 

他には、教師にあこがれを抱いていた人が、免許が無くても就職できる講師という職業を選ぶ場合です。

 

また、様々な仕事の中でも結果が明確に出るやりがいのある職業ですから、そこに魅力を感じて職を移す方もいます。

 

中途で講師になる場合には、条件があります

 

講師職は平均年齢が低く、中途の場合はそれなりのスキルや経験が必要です

 

例えば国語を担当するなら、学力はもちろん、大学で教育学を専攻していた、あるいは学生時代に講師としてのアルバイト経験なども有効です。

 

もう少しハードルの低い条件としては、学歴があります。中途ならばせめて高い学歴を持っていれば、採用の際にアピールポイントとなるでしょう

 

特にこの場合、受け持つ生徒が受験を控えている塾などが狙い目です。中学受験、高校受験、大学受験、いずれにしてもそのどれかで名のある学校を出ていれば、有利になります。

 

せめて受験の経験が無くてはいけません

 

また、他の職業から映る場合には、非常勤やアルバイトで経験を積んだ上で、正社員での採用を狙うとスムーズにいきます。

 

 



無料で100回分ネットビジネス講義をしています!