塾講師と教員の副業と転職

MENU

役職によってこんなに塾講師の平均年収は違ってきます。

塾講師,教師,予備校,副業,転職

塾講師の平均年収について見ていくと、概ね400万円強となっています。収入について、細かく見ていくと、正社員での給料は20万円後半が相場です。

 

ボーナスを加味すると、初年度では約350万円〜400万円、勤続5年程度になると、500万円に近づいていきます。この他気になることと言えば、各種の待遇面です。待遇については社会保険完備はもちろん、退職金制度なども完備している塾が目立ちます。

 

待遇面で優遇されていると考えていいでしょう。

 

しかし、最近は他の職種と同じように、正社員が少なくなっている傾向があります。もともと、塾業界は若い講師が入れ替わり立ち代りで回っていくものなので、アルバイトや非常勤講師、契約講師といった業態が多くなっています。

 

この場合、非常勤講師やアルバイトについては、一コマ単位での時給換算になります。数社について時給を授業に換算して見ていくと、2000円ほどになります。

 

非常勤講師になると、こちらは年に250万前後の収入です。正社員となると給料は高めで、非常勤やアルバイトは低めです。

 

この違いは、正社員は年齢があがるとキャリアアップして管理職につき、そのまま給料も高くなっていく事情があります。主任レベルでプラス100万ほど、塾長やブロック長などは年に1000万も夢ではありません。

 

その一方、あくまで講師職にこだわれば、よほどの人気講師にでもならない限り、収入は急には上がりません。講師を目指す場合には、キャリアアップや転職などをしっかり計画しておくのが大切でしょう。

 

 

また、地方の塾講師の場合は事情がことなることも知っておいてください。地方の予備校は衛星中継の授業が増え、そのせいで正社員の数と給料が激減。高校受験も近くに有名私立高などが無い場合はかなり低めに設定されています。

 

唯一時給が高いのが有名中学への「お受験」を担当する講師です。日能研や四谷大塚,サピックスなどが有名ですがその場合は平均時給も2000円以上。大学が全入になるなか、今は予備校も苦しいのです。

 



無料で100回分ネットビジネス講義をしています!