塾講師の残業

MENU

激務で過労死寸前の人も!サービス残業が多いですよ!

塾業界においては、残業が多いことで知られています。塾における残業が一般企業と異なるのは、その時間帯です。一般企業の残業は、就業時間の6時以降の仕事です。

 

残業の多くは概ね9時には終わるでしょう。しかし、塾はお客さんが学校から帰った後の子供であり、自然と授業時間は夕方から夜になります。

 

授業が終わるのは概ね夜の9時、そこから残業が始まるので、講師が帰宅する時間は日をまたぐことも少なくないのです。また、サービス残業を受け入れている講師も多いです。

 

これは特に、塾長などの管理職に特に目立つようです。塾長は教室の経営を任せられているとは言え、本部から見れば一社員です。したがって、会社の中では中間管理職であり、その分担当する業務は多岐に渡ります。

 

生徒の獲得、計数管理、人事管理、親からのクレームの処理などに追われます。

 

特に大手の塾となれば、オペレーションのマニュアルがあり、それに従って生徒獲得目標、売上目標、利益目標などを課せられます。経営者というよりは、営業職の面が強くすら感じます。

 

塾長クラスとなると給料は講師より年にして100万〜300万ほども高くなりますが、そのぶん激務となり、サービス残業は当たり前の状態になります。

 

ただ、これは大手の塾の特徴であり、個人経営のものや、地域型の塾となると話は変わってきます。また、フランチャイズ型の塾もそうでしょう。

 

特に、経営に関して自由度の高い塾では、業務の忙しさはあっても精神的負担は少ないようです。講師の残業については、授業の準備や面談などが多いです。


無料で100回分ネットビジネス講義をしています!