講師と教員の副業と転職

MENU

塾講師が早く転職できる仕事を探すとこうなりました!

塾講師は年齢が高くなるにつれて、キャリアアップを目指すか職を移すか、その二つの選択肢に大きく分かれます。キャリアアップの場合は主任、塾長、エリア包括マネージャーなどがありますが、絶対数が少ないため残りの人は講師を継続するか、転職するか迫られます。

 

待遇面などを考えると、同じ塾で講師を続けるのは、よほどの人気講師になるとか、あるいは個人経営の塾で経営者との関係や職場環境が気に入っているということでないと、続けるのは難しいでしょう。

 

転職差については、いくつか種類があります。

 

まずひとつは、おなじ講師職でも資格予備校などへ転身する方法です。

 

そのほか、塾の運営側に回るという方法もあります。塾の運営元の本社に移るなどし、教材の開発や経営に関する企画を行います。

 

この場合、職場環境が大きく変化します。

 

講師職に比べて時間外労働や精神的な負担が軽減されるのがメリットであり、長期的な視点に立った場合に講師よりも安定性が高いです。

 

また最近では、eラーニングのコンテンツを開発するなど、あらたな教材開発が盛んになっているので、需要はあります。

 

その他、人材育成を事業にしている会社などもあります。講師経験を活かしたい方にはおすすめです。

 

また、中途採用でも年齢や経験を問われない職種があります。

 

例えば飲食店、小売店のエリアマネージャー職などは、仕事はキツイですが給料や待遇面では優れており、キャリアアップの幅も広いです。店長職からの採用が中心になります。


無料で100回分ネットビジネス講義をしています!