講師と教員の副業と転職

MENU

塾によって時給の計算には大きな差が!稼ぐために授業形式が良いでしょう

塾講師,教師,予備校,副業,転職

塾講師の時給の違いについては、特に大きいのは塾の規模、そして経験でしょう。平均値を見ると、1500円前後のところが多いです。

 

ただ、これは教室形式で大人数を相手に授業をする場合です。個別指導の塾では、値は低くなります。1000円いけばいいところでしょう。

 

これには、授業形式と個別指導の違いがあります。授業形式では給料が発生するのは授業時間の間です。

 

それ以外の授業の準備、雑務、講師の会議などには給料は基本的に発生しません。これが個別指導となると、例えばブースが並ぶ部屋で、個別の生徒の質問などに対応していくもの、あるいは一人の生徒につきっきりで問題集や参考書を使って学習させる、となります。

 

この場合、指導とそれ以外の時間の明確な区別はありません。そのために、給料の値は低めにしつつ、そのかわりに塾にいる間は給料が常に発生するのです。

 

東京個別指導学院、コベッツ、栄光ゼミナールと色々ありますが、どこも大体時給1100〜1300円ぐらいです。アルバイトで働ける時間が短いのならば、授業形式の塾がいいでしょう。

 

その反対に、時間を多く撮れる場合は個人指導がおすすめです。また、この職業特有の、稼げる時期が存在します。それは講習期間です。

 

夏や冬など、長期休暇と重なる時期に、まとめて授業をこなすことができます。普段塾に通っていない生徒もやってくるので、いわゆる繁盛期になります。

 

こうなると、授業形式の講師はどんどん稼げます。朝から晩まで、授業を何コマもこなせば、月に20万を超えることもあります。


塾講師の給料は実際にこうやって決められています。

塾講師,教師,予備校,副業,転職

塾講師の給料については、どのように決められているのでしょうか。平成24年度における、年収結果についてデータを見てみましょう。平均月収としては28万円となっています。

 

そこからボーナスなどを考慮すると、年収にして400万円近くなります。他の職業と比べると、平均的といったところでしょうか。

 

ただ、平均年齢が20代後半である特殊な業界であることを考慮すると、やや高めと見ることもできます。

 

また、数年単位での年収推移について見ていくと、安定しているといった特徴があります。概ね、300万円後半から400万円付近で推移しているといった状況です。収入については、講師の勤務体系によって変わります。

 

基本的には二つの種類があり、正社員と契約社員、年俸制と非常勤講師の時給制に、それぞれ分かれます。時給制については、大学生を中心に、アルバイトが大半を占めています。アルバイトとプロの収入について比較してみると、首都圏大手塾の場合には、時給2,000円程になります。

 

実力があり、あるいは受験指導ともなれば、時給4,000円ほどまで上がることもあります。

 

一方、生徒数が少ない、あるいは個別指導の場合には時給1,200円ほどです。この形態のものは大学生に人気があり、集団指導のアルバイトについては人が不足している状態です。

 

プロの場合には、時給ベースにすると4,000〜8,000円ほど、個別指導の場合は時給3,000円ほどに、それぞれなります。このように見ていくと、収入の変化は塾の形態と雇用形態が大きく関係します。

 



無料で100回分ネットビジネス講義をしています!